福岡の予備校に通ったことで医学部に進学ができた

医学部を目指すことを決めた

医学部を目指すことを決めた最初はイツイが徐々に結果が無事に合格

医学部に進みたいという思いはあったのですが、成績的に微妙なところがありました。
通っている高校は上の下といったところでしたし、自分の成績も上の下ぐらいだったので医学部を目指す人間からするとはっきり言って下のレベルだったのです。
もちろん、成績はあくまでもその時点のものですからそこから成績が伸びれば、十分可能性はあるわけですが可能性の話で言えば誰でもチャンスはあるわけで現実を直視すると厳しいのではと思っていました。
丁度微妙な立ち位置だっただけに、方向性をはっきりさせるのに苦労をすることとなってしまい、中途半端な状況が続いていたのです。
高校の三年間はあっという間に過ぎてしまいますから、とにかくどこかで答えを見つけなければと考えたところ予備校に通えばチャンスは見えてくるのではという結論に達しました。
親も医学部を目指すのであれば、予備校に通っても良いと言っていたのでここで実力をつければ合格も見えてくるのではと思いました。
また、医学部に受かった人が本格的に受験勉強を始めたのが2年生からという話も耳にしたので、まだ間に合うと思い1年生の終わり頃に通う予備校を探し、2年生になると同時に通いはじめることにしました。

医学部 予備校 福岡 | 全寮制/医進専門予備校